メロゴールドってなんですか?

「メロゴールド」と言う名前を聞いた事がありますか?名前だけ聞くと、清涼飲料水やメロンと関係するものをイメージする方もいると思います。

メロゴールドとは「ポメロ」と「グレープフルーツ」を掛け合わせて生まれた柑橘類です。見た目は大きなグレープフルーツと思ってしまうぐらい似ています。
味はグレープフルーツの特徴である酸味や苦味が若干ありますが、甘味が強く、とても食べやすい果物です。見た目は大きいですが皮が非常に厚いので、見た目の割に皮を剥いだ後に残る果肉は大きくありません。そのため、1人でも1個食べられます。ボリュームもあるので私は昼食代わりに食べることもあります。

ビタミンCも豊富なので、美肌やダイエットにもつながる良い果物を発見したと思ったのですが、残念なことが1つあります。それは年中食べられないことです。メロゴールドはアメリカ・カルフォニアで生産され、日本には2000年頃から輸入されていますが、入荷時期は大体1、2月なので、常時店頭に並ぶフルーツではないのです。

珍しいフルーツを見つけたと思っていたのですが、日本には10年以上前から輸入されているそうです。知名度の低いフルーツですが、旬の時期に探してみるだけの価値はあると思います。

コメントを残す

名前 *
メールアドレス *
ウェブサイト